お得なフレッツ代理店を選ぶには

フレッツ光とは

フレッツ光とは、NTT東日本が提供するブロードバンドサービス(大容量のインターネット接続サービス)のことであります。このフレッツ光を利用してインターネットに接続することによって、大容量の動画コンテンツや音楽、ゲーム等がスムーズにダウンロードできるようになります。

フレッツ光の利用を申込むなら

フレッツ光を利用するには、回線業者であるNTT東日本から申し込む方法、フレッツ光をインターネットを接続する事業者であるプロバイダーから申し込む方法、WEBサイト上のフレッツ光代理店から申し込む方法等があります。

このなかでは、WEBサイト上のフレッツ代理店から申し込む方法は、代理店にもよりますが、申込むだけで4万円~8万円程度のキャッシュバックがあるなどの特典が充実している点において、最もお勧めの方法ということができます。

代理店を選ぶ際の3つのポイント

WEBサイト上の代理店を通じてフレッツ光の利用を申込む際に、代理店を選ぶポイントとしては、次のような点が挙げられます。

キャッシュバックを申し込む手続きが簡単であること

まずキャッシュバックなど特典の手続きが簡単であることです。代理店によっては、回線が開通してから1年後に、普段は使用することが少ないプロバイダー専用メールにキャッシュバックの案内を送ってくるところもあります。

そして、キャッシュバックの申し込みの期限を連絡があった日の翌月末日としている場合があります。このような場合には、メールに気が付かずに、うっかり申し込みの期限を経過してしまい、キャッシュバックをもらい損ねることが多発します。【根拠は?】

このようなことが無いように、代理店を選ぶ際には、キャッシュバックが簡単で分かり易い代理店を選ぶように心がけます。例えば、サイト上で一回申し込めば、キャッシュバックの請求手続きが完了するようなところであればベストです。キャッシュバック申請の手続きが複雑な代理店を選んでしまうと、必要な手続きを失念してしまい、結局キャッシュバックがもらえなかったりします。

回線開通後すぐにキャッシュバックが支払われること

回線開通後にすぐキャッシュバックを支給してくれることも重要です。代理店の中には、開通後1年を経過しないとキャッシュバックをしてくれないようなところもあります。

このような代理店を選んでしまった場合、余りにも期間が空きすぎるためにキャッシュバックをもらい忘れるようなことも十分に考えられます。ですから、回線開通後すぐにキャッシュバックの支給してくれるような代理店を選ぶようにしたいものです。

オプション加入必須ではないこと

3つ目のポイントは、キャッシュバックの条件としてオプション加入が義務付けられていない代理店を選ぶということです。代理店によっては、キャッシュバックの条件として、有料オプションの加入を求めてくるところもあります。

このような代理店を通じてインターネットに申し込んでしまうと、毎月、オプション利用料を徴収されるわけですから、せっかくキャッシュバックをもらっても、長期的にはオプション利用料の方が多くなるため損をすることになります。ですから、代理店を選ぶ際には、キャッシュバックの条件として、不要な有料オプションの加入を要求しないところを選びます。

避けた方がよい代理店の特徴

最後に、避けた方がよい代理店の特徴をあげてみます。避けた方がよい代理店の特徴は、

  • キャッシュバック請求手続きが複雑である
  • キャッシュバックの支給時期が遅い(開通から1年以上後)
  • キャッシュバックの条件として有料オプションンの加入を求めてくる

などとなります。