1. ホーム
  2. フレッツ光の代理店から契約するには
  3. ≫フレッツ光の代理店とは?

フレッツ光の代理店とは?

フレッツ光と契約するためには

光回線サービスであるフレッツ光と契約したい場合、回線業者とプロバイダーと契約すれば、フレッツ光を利用できるようになります。フレッツ光を提供してる回線事業者であるNTT東(西)日本は、フレッツ光の公式サイトを運営しています。ここからフレッツ光の利用申し込みができます。

また、プロバイダーもそれぞれ公式サイト等を運営しており、そこからプロバイダー契約を結ぶことができます。従って、フレッツ光の代理店からではなくても、ユーザーはフレッツ光の利用申し込みを行うことができます。

フレッツ光代理店はどんなことをしているのか?

それなのに何故、フレッツ光の代理店が多数存在するのでしょうか。それは、フレッツ光の元締めであるNTT東(西)日本が、フレッツ光の契約獲得を代理店に依頼しているからです。

フレッツ光の代理店がフレッツ光の契約を獲得すると、NTTからフレッツ光の代理店に対して販売奨励金(手数料)が支払われます。NTT東日本からすると、自ら営業を行うよりも、代理店に営業を依頼して、契約を獲得してもらい、その見返りとして販売奨励金を支払う方が効率的なのです。

フレッツ光の代理店を通してフレッツ光に申し込むと、NTT東(西)日本の公式サイトからフレッツ光に申し込んだ場合には付かない特典(キャッシュバックなど)が付きます。これらの特典が付く理由は、フレッツ光の代理店が契約獲得によってNTT東日本から支払われる販売奨励金の一部をユーザーに還元しているからです。

フレッツ光代理店から契約した場合に特典が付く理由

当然、販売奨励金による収入は、特典による支出よりも多いですから、フレッツ光の代理店にしてみれば、特典を与えても契約を獲得した方が利益が上がります。また、NTT東日本としても、販売奨励金を支払っても販売代理店から新しい契約を獲得した方が、利益が上がります。

フレッツ光の販売代理店からフレッツ光に申し込んだ場合に、NTT東(西)日本から申し込んだ場合には付かない特典が付くのは、以上のような理由によります。一般的には、高額の特典をもって契約を勧誘する場合、何か裏があるのではないかとも思われますが、フレッツ光の場合にはこのような理由からです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。