1. ホーム
  2. フレッツ光の代理店から契約するには
  3. ≫フレッツ光の契約は2年縛り、引っ越しによる違約金に注意

フレッツ光の契約は2年縛り、引っ越しによる違約金に注意

フレッツ光の回線契約には2年間の縛りがあることに要注意

フレッツ光の契約は2年縛りです。ですから、利用開始後2年以内に解約する場合には、解約による違約金が発生します。ですから、単身者の場合には、就職、就学、転勤などによって引越し時期が不安定になりがちになるので、違約金には十分な注意が必要です。

フレッツ光の回線契約の違約金の金額について

例えばNTT東日本のフレッツ光契約の場合、光回線の工事費18,000円を初回3,000円、残りの15,000円を月々500円の30回払いの分割払で支払います。しかし、利用開始から2年以内に契約を解除した場合には、工事費用の残額を一括して支払わなくてはなりません。

また、NTT東日本のフレッツ光契約の場合、「にねん割」という割引制度が適用されます。これは、2年間の契約継続を条件に、戸建てタイプの場合には月々700円、マンションタイプの場合には月々100円の割引を適用するという制度です。

この「にねん割」の適用を受けた場合、利用開始から2年以内に契約を解除した場合には、戸建てタイプで9,500円、マンションタイプでは1,500円の違約金が発生することになります。

違約金を避ける方法:フレッツ光の回線契約の更新月に引っ越すこと

さて、引越しの際に発生する違約金を避けるためには、どのようにすればよいのでしょうか。その方法として、まず、1番確実なのが、更新月に合わせて引っ越すことです。

更新月に合わせて引越しを行うことは、更新月に合わせて引っ越すことは、引越し時期を自分で決められる場合を除いて、非常に難しいことであると思われますが、違約金を避ける方法のうち、一番確実なのがこの方法であります。

違約金を避ける方法:引っ越先でもフレッツ光を利用する

次の方法は、引っ越先でもフレッツ光に加入することです。ただし、この場合は、違約金は発生しないものの、引っ越しに伴う移転手数料が発生しますので、まったく費用がかからないというわけではありません。

例えば、東京に就学していた学生さんが故郷に就職し、実家に住むことになりとします。実家で既にフレッツ光に加入していれば、引っ越先でもフレッツ光に加入することはできません。このような場合には、違約金を支払うほかに方法はありません。

違約金を避ける方法:引っ越先での契約のキャッシュバックを利用する

3つ目の方法は、引っ越先でインターネット回線契約を結び、その際にキャッシュバックが高額の代理店などを選びます。そして、その引っ越先での新規契約によってに獲得したキャッシュバックを、違約金による損失に充てるという方法です。

NTT東日本の場合、キャッシュバックの金額は個人で10,000円です。ですから、25mンションタイプの契約で、契約からある程度経過してからの解約の場合には、キャッシュバックの10,000円で、違約金による損害が十分に賄えます。

このように、引っ越先での新規インターネット回線契約からのキャッシュバックにより、違約金による損害を補償するという方法があります。なお、この方法は、キャッシュバックの金額が比較的高額なNTT西日本の代理店に対して、より有効な方法となります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。