1. ホーム
  2. フレッツ光の代理店から契約するには
  3. ≫フレッツ光の代理店との契約でトラブルを避けるためには

フレッツ光の代理店との契約でトラブルを避けるためには

フレッツ光の代理店と契約する際にトラブルを避けるために必要な事項

フレッツ光の代理店と契約する場合に、トラブルを避けるために必要な事項は、契約本体に関する事項ではなく、契約に附帯するキャッシュバックなどの特典に関する事項です。

フレッツ光に代理店であれば、通信最大手のNTT東(西)日本と契約をしておりますから、契約したけれども、フレッツ光が利用できないというようなトラブルはほとんど発生しません。

しかし、キャッシュバックなどの特典に関する事項は、各々の代理店がその代理店の責任において決定しますから、代理店によっては、適切とは言えない条件を設定しているところもあります。

そのような代理店を通してフレッツ光と契約した場合には、もらえると思っていたキャッシュバックがもらえなかったりするなどの、トラブルに巻き込まれる事態がよく起こります。以下では、そのようなトラブルに巻き込まれないために気を付けることについて説明してまいります。

特典の提供にオプション契約の締結を要求しない代理店を選ぶこと

まず、トラブル回避のためには、キャッシュバックその他の特典受けるためにオプション契約を必要としない代理店を選ぶべきです。代理店の中には、高額のキャッシュバックと引き換えに、基本契約に加えて複数のオプション契約の締結を求めてくるところがあります。

インターネットは、基本契約さえ締結すれば、接続が可能です。ですから、本来必要ないオプション契約を結べば、高額のキャッシュバックその他の特典を受けたとしても、長期的に見れば大きな損失を被る場合があります。

このような事態を避けるためにも、オプション契約なしでキャッシュバックその他の特典を受けることができる契約を提示している代理店を選ぶことが、後々のトラブルを避けるために必要になってきます。

キャッシュバックその他の特典ができるだけ早く支給される代理店を選ぶこと

次に、キャッシュバックその他の特典が早くもらえる代理店を選ぶ必要があります。キャッシュバックの時期については、代理店によっては、利用開始から2ヶ月程度で支給するところもあれば、利用開始から1年半以上たってから支給されるところもあります。

支給開始時期が遅いと、キャッシュバックはユーザーからの申請が原則となっているため、申請を忘れてしまい、キャッシュバックをもらいそこねるというトラブルが多発します。

これを避けるためには、回線の利用開始時期からできるだけ早い時期に、キャッシュバックの支給がなされる代理店を選ぶ必要があります。なお、商品などのキャッシュバック以外の特典についても同様のことが言えます。

キャッシュバック申請手続きが簡単明瞭なところを選ぶこと

フレッツ光の代理店と契約する際に、キャッシュバックが支払われないなどのトラブルを回避するために必要な事項の最後は、キャッシュバックの申請手続きが、簡単明瞭なところを選ぶということです。もちろん、同じことは商品の提供などの特典についても当てはまります。

代理店によっては、キャッシュバックの申請に際に、アンケートへの参加を要求したり、本来は必要のない個人情報の登録を要求したりするところがあります。また、代理店によっては、申請手続きの案内を郵送ではなく、使用頻度の少ないプロバイダーメールで送ってくるところもあります。

このように、申請手続きが複雑で不明瞭だと、キャッシュバックの申請手続きの期限までにキャッシュバック手続きをすることができずに、キャッシュバックをもらいそこねるという事態が多発します。

このような事態を避けるためには、キャッシュバックの申請手続きが簡単・明瞭な代理店を選ぶことが必要です。例えば、キャッシュバックの申請手続きは、WEB又は書面契約による1回の手続きで済むような代理店は、トラブルを起こす可能性の少ない代理店であるということができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。