1. ホーム
  2. インターネット契約の基礎知識
  3. ≫光回線とADSLの違いは?

光回線とADSLの違いは?

光回線とADSL回線の比較について

現在、インターネット回線は光回線が主流になってきております。しかし、従来のADSL回線にも、まだまだ強みはあります。以下では、この二つの回線のメリットとデメリットを考えていきます。

光回線のメリットについて

まず、光回線のメリットしては、通信容量がADSL回線の2倍以上ありますから、短時間で大量のデータを送信できます。したがって、動画などのダウンロードを素早く行うことができます。

次に、通信に光ケーブルとレーザー光を使用するため、ノイズの影響を受けにくく、通信が安定しています。ですから、オンラインゲームやネット取引での利用など、通信の安定性が求められる場合には、そのニーズに十分に対応できます。

また、ADSL回線の場合には、回線業者の基地局から遠く離れたエリアでは通信速度が著しく遅くなるという問題がありました。しかし、光回線の場合には、通信距離に関わらず、ほぼ同等の通信速度を維持できますから、基地局から遠く離れたエリアでも安心して利用できます。

光回線のデメリットについて

一方、光回線のデメリットといたしましては、まず、利用の際にケーブルの引き込み工事が必要であることがあげられます。また、ADSL回線に比べ、毎月の使用料金が割高です。さらに、全国どこでも利用可能というわけではなく、利用できるエリアが限定されています。

ADSL回線のメリットについて

一方、ADSL回線のメリットといたしましては、まず、この回線の場合、従来の電話線を利用しますので、利用の際に、工事が不要です。また、光回線にくらべて毎月の使用料金が割安です。さらに、基地局から近いエリアでの使用の場合には、非常に高い通信速度でインターネットを利用できることがあります。

ADSL回線のデメリットについて

一方、ADSL回線のデメリットといたしましては、まず、通信にメタルケーブルと電気を利用しますので、ノイズの影響を受けやすく、光通信に比べて通信が不安定になりやすいことがあげられます。

また、メタルケーブルと電気による通信の場合には、長距離の通信になるほど抵抗が大きくなり、通信速度が落ちるという問題があります。このため、同じエリア内でも通信速度が速い所と遅い所が発生し、通信速度にバラつきがあり、これが大きなデメリットとなります。

特に、基地局から遠く離れたエリアでは、通信速度が著しく低くなりますから、契約の際に提示された通信速度よりも大幅に遅い速度で通信がなされることになり、これがADSL回線に対する不信感を生む原因となりました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。