1. ホーム
  2. インターネット契約の基礎知識
  3. ≫フレッツ光とは

フレッツ光とは

インターネットに接続するには、回線業者と接続業者と契約する必要があります。よく、回線は高速道路、回線業者は高速道路の管理者、接続業者は、高速道路に入るためのインターチェンジ管理者に例えられます。

さて、フレッツ光とは、回線業者であるNTT東日本が提供する回線サービスの名称です。「光」とありますから、この回線は、メタルケーブルを利用したADSL回線ではなく、光ファイバーケーブルとレーザー光で通信する光回線であります。

フレッツ光のメリット

フレッツ光は通信業界最大手のNTT東日本が提供する光回線サービスであり、それゆえに様々なメリットを有しています。以下では、そのメリットについて説明していきます。

通信の安定性が向上する

フレッツ光を利用してインターネットに接続するメリットとしては、まず、通信の安定性があげられます。光ファーバーケーブルを利用したデータ通信は、メタルケーブルと電気を利用した通信に比べて、ノイズの影響を受けにくくなります。

ですから、通信の安定性が要求されるようなインターネットの使用の場合、すなわち、オンラインゲームや株・FXなどのネット取引でインターネットを利用する場合には、通信安定性の高いフレッツ光がおススメです。

基地局から遠く離れたエリアでも通信速度が変わらない

次に、NTT基地局から遠く離れたエリアでも通信速度が落ちないというメリットがあります。ADSL回線の場合、メタルケーブルと電気を利用しますから、通信距離が遠くなると、抵抗が増し、伝送損失が大きくなり、通信速度が極端に遅くなるという大きな欠点がありました。

しかし、フレッツ光に場合には、光ファイバーケーブルを使用するため、遠距離通信の場合でも伝送損失は非常に少なく、NTT基地局から遠く離れたエリアでも、通信速度をほとんど落とさないで通信することが可能です。基地局から遠く離れたエリアに住んでいる方でも安心して利用できます。

通信速度が大幅に向上する

また、フレッツ光の通信速度は、最大1Gbps(1,000Mbps)です。ただし、実際には、1本の光ファイバーケーブルを複数の利用者で共有して使用しますから、現実の通信速度は30Mbps程度と言われています。

それでも、一般家庭で通常の方法でインターネットを利用する場合に必要な通信速度は、最大でも10Mbps程度と言われていますから、その3倍以上の通信速度でインターネットが利用できるとしたら、動画の再生に時間がかかってイライラするというようなことはなくなります。

IP電話を普通の固定電話と同じ品質で利用できるようになること

また、ADSL回線を利用したIP電話の場合、通話が集中した場合に回線がパンクし、通話ができなくなるなどという通信品質の問題がありました。しかし、フレッツ光に変えた場合、通話が集中した場合でも回線がパンクするようなリスクは激減し、一般の電話と同じような高い品質でIP電話を利用できるようになります。

フレッツ光のデメリット

一方、フレッツ光のデメリットとしましては、ADSL回線に比べて、毎月の通信料金が高めであることと、新しく契約する際に、回線の引き込み工事が必要となり、それに伴う工事費用と手間がかかる点が上げられます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。