1. ホーム
  2. インターネット契約の基礎知識
  3. ≫インターネットを利用するために必要な通信速度は?

インターネットを利用するために必要な通信速度は?

インターネットの通信速度の単位について

インターネットの通信速度は、通常、Mbps(メガビット毎秒)で表示されます。メガビット毎秒とは、1秒間に何メガビットのデータを送信できるかということを表す数値で、例えば、10Mbpsは、1秒間に10Mbpsのデータを送信できる通信能力があるということを表示しています。

動画を再生する場合に必要な通信速度

さて、インターネットからyoutubeの動画を見るとします。この場合、必要な通信速度は、低画質での視聴でよいならば、最低でも0.5Mbps程度あれば十分と言われています。最高品質の画像での視聴でも、3.5Mbps程度の速度があれば大丈夫です。

また、NHKオンデマンドやGyao、アメリカ合衆国が本拠地の動画配信サービスであるHuluなどで動画を見る場合でも、だいたい2.5Mbps~3.0Mbps程度の通信速度があれば、ほとんど問題なくコンテンツを楽しむことができます。

オンラインゲームや株・FXのネット取引に必要な通信速度

最近は、インターネット上でオンラインゲームを楽しむ人や、FXや株などのインターネット取引を行う人が非常に多くなってきています。このオンラインゲームやインターネット取引を行うのに必要な通信速度はどれくらいでしょうか?これは意外に少なく、2.0MBps~3.0Mbps程度の速度があれば十分だと言われています。

しかし、オンラインゲームやインターネット取引については、通信速度以上に、通信の安定性が重要です。ゲームの途中でインターネットが不通になってしまったら、せっかく楽しんでいたゲームが台無しになります。

また、株やFX取引きの最中に、インターネットが停止してしまったら、大変です。株価などは瞬時に変わりますから、インターネットの停止のおかげで大きな損失を被ることも予想されます。

そのため、オンラインゲームやネット取引でインターネットを利用する場合には、通信速度という観点から見た場合、インターネット回線はADSL回線でも十分ですが、通信の安定性という観点から見た場合には、ノイズによる通信の乱れが発生しにくい光回線の利用がおすすめとなります。

通常のインターネットの利用に必要な通信速度

以上のように、比較的高い通信速度が必要と思われる動画再生でも、5Mbpsもあれば十分に対応できます。当然のことながら、電子メール、サイト閲覧、SNS、ブログなどでインターネットを利用する場合には、それより少ない速度で十分に間に合います。

ですから、一般家庭で普通にインターネットを利用すると仮定すれば、余裕をもって設定しても、10Mbps程度の通信速度があれば、十分です。ちなみに、最近のADSL回線の最大速度は50Mbpsで、光回線はそれは100Mbps以上です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。